kacangwijen jogjakarta

ジョグジャカルタのスーパー「Super INDO」

ジョグジャカルタに行ったときに、ガイドさんにお願いしてジョグジャカルタのメジャーなスーパーマーケットによってもらいました。

名前はSuper INDO。バリ島では見たことなないかも。
店内はバリ島よりもごちゃごちゃ感が漂います。

Supermarket

Supermarket

Teng-Teng Kacang Wijenというお菓子を見つけました

パッケージはワヤンのようなマークあってシンプルだけどおしゃれ。

Teng Teng Kacang Wijen

Indoculinaireというコーナーが設けてあり、Super INDOのオリジナルブランドっぽいですね。同じコーナーで食材やお菓子などがあったのでまとめてお買い物しました。

Teng Teng Kacang Wijen

バリ島では見かけたことがないので、もし「バリにもあるよ」と思った方は教えてくださいね。

Teng Teng Kacang Wijenの「Kacang」は豆、「Wijen」はゴマという意味です。
ゴマ風味のピーナツ菓子ね。なんとなく味が想像できるし、おいしいに違いない。
裏はこんな感じ。

Teng Teng Kacang Wijen

なんと料金はRp29,900(約240円)。

中見はシンプルな個包装が18本入っています。(袋から出したのはほんの一部)
まさに、想像してたとおりのピーナツを固めたお菓子です。

Teng Teng Kacang Wijen

こういうお菓子、日本にもありそうですね。
食べてみたら、固くもなく、柔らかくもなく、ちょうどいい歯ごたえ。
甘さもちょうどよく、最後に塩味が後を引いて大人でも子供でもパクパクいけます。
お茶のお供にも、酒のつまみにも合うかも。

Teng Teng Kacang Wijen

下手なお土産屋さんで高いチョコなんて買うよりも、お安いし、パッケージもおしゃれ。これは、もっと買ってくればよかったなと後悔。。

おすすめしないお菓子は Dodol Original

一緒に買ったこちらのDodol Originalは箱入りでRp15,990。安い割には高級感あるかなと買ったのですが、

Dodol Original

中身が写真と違う!

Dodol Original

しかも1本1本に巻かれた包み紙が張り付いてはがれにくい!昔、日本にもこういう紙がはがれにいお菓子がありましたよね。

Dodol Original

もち米に砂糖やココナッツミルク、チョコなどを混ぜててあり、ちょっと甘め。しかも剥がれなかった紙がお口に入る。。ということで、まずくはないけど食べにくいので、おすすめしません。

ほかにも購入したお菓子があるので、詳細は後日。。